Join us 農業プロジェクト

日本農業を盛り上げる取り組み

業界全体の活性化,労働力の確保、地方活性は
急務であり、日本創生の鍵になる

活気が失われつつある日本の農業

農家(百姓)だけの力では解決が難しく、国や自治体の指導や助成だけでも改善されない、ノウハウのない都心企業も介入できない(農地を譲ってもらえない)のが現状です。我々のような農業ノウハウや農家と密に関係性を持っている民間企業が橋渡し役になり、しっかりしとした収益性を持った事業として運営することで、業界再生が可能と考えています。

日本農業の3大危機

 

1. 就農者の高齢化

就農者の減少と高齢化により、65歳以上が64%、39歳以下がわずか7%といった労働者問題が加速しています。

 

2. 荒廃農地の拡大

農業の継続が困難になり休止や放棄された農地、自然災害によって耕地として使用できなくなった農地が増え続けています。

 

3. 食糧自給率39%

食糧自給率が昭和40年では73%であったのに、平成26年では39%まで落ち込み、日本の作物の全てが海外の食糧に頼らなければいけなくなったなら、輸入先との外交関係によって日本の食糧事情が左右されてしまいます。

農業の衰退サイクル

現状、業界の低迷・縮小は止められていません。
このままではやがて業界全体の縮小減衰を迎え、日本の食糧自給率は下がり続ける恐れがあります。
根本的な農業の課題として「人材問題」「地域活性」が解決しない限り、日本の耕作面積を増やすことはできないのです。
この負のサイクルに、一刻も早く歯止めをかけなければなりません。

農業をCoolなJobへ!
儲かる農業をクリエイト

地方にはまだまだ開拓できる農地が残っています。

地方にはまだまだ開拓できる農地が残っています。農地=投資先はたくさんあるのです。日本ブランドの農作物はまだまだ世界的にも評価が高く、販路も確保が可能です。自己経営が難しくなった高齢農家も、指導員として多くのノウハウを持っています。Join us農業プロジェクトでは、労働力となる人材の確保と育成、安定生産可能な設備投資を揃え、日本の農業界が持つ財産(農地・ノウハウ)を活用し、しっかりとした収益性を確保したうえで、農業界の根本的課題解決のスタンダードとして拡大していきます。

私たちの取り組み

Made in Japanの海外進出

日本の農作物は世界マーケットで勝負できるポテンシャルがあります。品質も教育やマネジメント(ノウハウ)面も高く評価されており、そういった "日本ブランド" を有効にビジネスかしなければいけないと考えています。
マーケットを国外へ広げることで,、収益を拡大していきます。

外国人労働力の導入

これまで大変だった10作業も技術の発達とともに負担が減りつつありますが、テクノロジーが追いつかないところもあり、機械ではできない業務だけでもまだまだ農家の負担は大きいのが現状です。積極的に外国人雇用を行っていくことで、アナログな作業も十分労働力を持ってカバーすることが可能であると考えています。

もっと詳しく見る

農業ESGビジョン